横浜ラーメン博物館:一杯の麺から始まる日本の食文化探訪

横浜、日本の神奈川県に位置するこの都市は、多様性あふれるグルメ文化の拠点として知られています。その中でも、特筆すべきは横浜中華街。この歴史ある街は、日本で初めてラーメンが提供された場所としても知られています。

そして、横浜中華街の中心に位置するのが、「横浜ラーメン博物館」です。この博物館は、1994年の開館以来、日本のラーメン文化と歴史を紹介し続けています。一杯の麺から始まる、日本の食文化探訪を求めて、私たちは横浜ラーメン博物館を訪れてみることにしました。

目次

横浜ラーメン博物館とは?

https://x.com/ramenmuseum
出典:X(Twitter)

横浜ラーメン博物館は、日本のラーメン文化と歴史を紹介する施設です。この博物館は、1994年に開館し、横浜市中華街に位置しています。横浜は、日本で初めてラーメンが提供された場所として知られており、その歴史的な背景とラーメンの多様性を探求するのに最適な場所となっています。

横浜ラーメン博物館では、複数のラーメン店が集結しており、各店が地域ごとの特色や味を提供しています。訪問者は、異なるラーメンのスタイルや味わいを一度に楽しむことができます。また、ラーメンの歴史や製法について学ぶ展示もあり、日本のラーメン文化について深く理解することができます。

横浜ラーメン博物館は、ラーメン愛好家や観光客にとって人気のあるスポットであり、日本の食文化を探求する興味深い体験ができる場所として知られています。

横浜ラーメン博物館の歴史

横浜ラーメン博物館の歴史は、日本のラーメン文化と密接に結びついています。以下では、その歴史について詳しく説明します。

横浜ラーメン博物館は、1994年に開館しました。この博物館は、横浜市中華街の中心部に位置し、日本初のラーメンテーマパークとして知られています。中華街自体が日本初のラーメンが提供された場所として有名ですが、その中でも横浜ラーメン博物館は、ラーメン愛好家や観光客にとって特別な場所となっています。

横浜ラーメン博物館の設立は、ラーメン文化の保存と普及を目的としています。1990年代初頭、ラーメンが日本国内外で人気を博し始め、その需要が高まっていました。この時期に、横浜市中華街振興組合が、ラーメン文化の伝承と発展を目指して横浜ラーメン博物館の構想を練り、実現に向けて活動を開始しました。

博物館の設立には、横浜市や地元の企業からの支援があったほか、ラーメン業界からも多くの協力が得られました。これらの支援を受けて、1994年7月6日、横浜ラーメン博物館はついにオープンしました。

博物館は、当初は1階建ての建物でしたが、その後、増改築が行われ、2階建ての施設となりました。展示スペースや飲食スペース、ラーメン店舗が配置され、訪れる人々に様々なラーメンの楽しみ方を提供しています。

横浜ラーメン博物館は、開館以来、多くの観光客やラーメン愛好家を魅了し続けています。その歴史的な背景と共に、日本のラーメン文化の魅力を伝える重要な存在として、今もなお輝き続けています。

博物館内のラーメン店舗の紹介

横浜ラーメン博物館は、複数のラーメン店舗が集結しており、それぞれが独自のスタイルや味わいを持っています。以下では、いくつかの代表的なラーメン店舗を紹介します。

山形「龍上海本店」

画像出典URL:https://www.raumen.co.jp/shop/ryushanhai.html

ラーメンミュージアム内の「山形「龍上海本店」」を紹介します。

  • 特色: 独自の味「からみそラーメン」
  • 住所: 山形県南陽市二色根6-18
  • 電話番号: 0238-43-2952
  • ウェブサイト: 龍上海本店

店主紹介:
「龍上海」は昭和33年に創業され、製麺から自家製ラーメンを提供する店として赤湯の町に誕生しました。太く縮れた独特な麺が評判を呼び、「龍上海」の名を浸透させました。「赤湯からみそラーメン」が名物で、その味をお楽しみください。

主なメニュー:

  • 赤湯からみそラーメン 1,000円
  • 赤湯からみそチャーシューメン 1,350円
  • ミニからみそラーメン 710円
  • 赤湯しょうゆラーメン 850円
  • 他、メニューにはベジタリアンラーメンなどもある

北海道・利尻島「利尻らーめん味楽」

画像引用URL:https://www.raumen.co.jp/shop/rishiri.html

北海道・利尻島の「利尻らーめん味楽」を紹介します。

  • 特色: 利尻昆布の旨味が凝縮した焼き醤油ラーメン
  • 住所: 北海道利尻郡利尻町沓形字本町67
  • 電話番号: 0163-84-3558
  • ウェブサイト: 利尻らーめん味楽

店主紹介:
「利尻らーめん味楽」は利尻産の利尻昆布を贅沢に使用しています。利尻産の昆布は他の産地よりも高い価値があり、そのほとんどが市場に流通されることなく、京都や大阪などの昆布問屋や料亭に取引されています。店主の江刺家さんの親戚が昆布漁をしており、通常よりも安価に仕入れることができるため、利尻昆布をたっぷりと使用したラーメンを提供しています。

主なメニュー:

  • 焼き醤油らーめん 1,000円
  • ミニ焼き醤油らーめん 680円
  • スパイシー焼き醤油らーめん 1,050円
  • 宗谷の塩らーめん 1,000円
  • チャーシュー(1枚) 150円
  • その他、トッピングやドリンクも揃っています。

六角家1994+

画像引用元:https://www.raumen.co.jp/shop/rokkakuya.html

  • 特色: 家系ラーメンの名店「六角家」の復活店
  • 料理: 太ストレートとんこつ醤油ラーメンが人気
  • 住所: 本牧家系御三家「六角家」創業地の六角橋にちなんで、新横浜ラーメン博物館に出店

主なメニュー:

  • ラーメン 950円
  • 中盛ラーメン 1,050円
  • 大盛ラーメン 1,150円
  • ミニラーメン 680円
  • 煮玉子入りラーメン 1,150円
  • チャーシューメン 1,250円
  • その他各種トッピングやサイドメニューが揃っています

店主情報:

「六角家」は家系ラーメンの名店で、創業者の神藤隆氏は元洋食コックからラーメン店を開き、「六角家」を創業。2022年に神藤氏はご逝去されましたが、店の歴史を継承し、再び「家系御三家」六角家が新横浜ラーメン博物館内に復活しました。

横浜ラーメン博物館のSNS口コミ

まとめ

横浜ラーメン博物館を訪れると、異なるスタイルや地域のラーメンを一度に楽しむことができます。また、ラーメンの歴史や製法について学ぶ展示もあり、日本のラーメン文化について深く理解することができます。

横浜ラーメン博物館は、日本の食文化の一端を担う重要な施設であり、多くの人々にとって特別な思い出を作る場所となっています。是非、横浜を訪れる際には、横浜ラーメン博物館を訪れて、日本のラーメン文化の魅力を体験してみてください。

所在地横浜市港北区新横浜2-14-21
開館時間11:00 – 23:00 (ラストオーダーは22:30)
休館日無休
入場料無料(食事の際は各店舗での注文が必要)
公式ウェブサイト横浜ラーメン博物館

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次