ラーメン用語集(その他編)

ラーメンに関する専門用語その他編をまとめました。

目次

製麺技能士

厚生労働大臣が認定する技能検定の一つ。生麺の製造に必要な技能を検定・公証する。

製麺技能士(せいめんぎのうし)は、麺類の製造に関する専門知識と技術を持つ職業資格を有する職人のことです。製麺技能士は、主にラーメン、うどん、そば、パスタなど様々な麺類を作る技術に熟練しており、麺の製造過程に関する深い理解を持っています。

製麺技能士の役割と仕事内容

製麺技能士の主な役割と仕事内容には以下のようなものがあります。

  1. 原材料の選定:小麦粉、そば粉、水、塩などの原材料の選定を行います。
  2. 生地の調合と練り:適切な割合で材料を混ぜ、生地を練る作業を行います。
  3. 麺の成形:生地を均一に延ばし、切り出して麺を形成します。これには、手作業や機械を使用する方法があります。
  4. 乾燥や熟成:麺の質を向上させるための乾燥や熟成のプロセスを管理します。
  5. 品質管理:製品の品質を維持し、安全で美味しい麺を提供するための管理を行います。

資格取得の方法

製麺技能士の資格は、日本の国家資格であり、資格を取得するためには試験に合格する必要があります。この試験には、実技試験と学科試験が含まれています。実技試験では実際に麺を作る能力が評価され、学科試験では原材料、製麺プロセス、品質管理に関する知識が問われます。

資格の種類

製麺技能士の資格には、レベルごとに1級、2級、3級の三段階があります。各級によって求められる技術と知識のレベルが異なり、より高い級では高度な技術と知識が求められます。

参考:https://zenmenren.or.jp/about/kentei.html

ラーサラ

札幌で誕生したラーメンサラダの略語です。

あたる

寸胴でスープを煮出す際に焦がしてしまうこと。これは特に豚骨スープを煮詰める時や野菜を多く使う場合に起こりやすいです。

あつもり

つけめんで、茹で上げた麺を一度水で締めた後、再び湯にくぐらせて温めること。注文時に「つけめん、あつもり」と言うと、この温めた状態で提供されます。

朝ラーメン(あさラーメン)

朝にラーメンを食べること。「朝ラー(あさらー)」と略されることがあります。朝ラーで有名な地域としては、福島県喜多方と静岡の一部が代表的です。

悪魔の日

「元祖一条流がんこラーメン総本家」で、日曜・祝日に提供する「悪魔」と名づけたラーメンを提供するイベントメニューのこと。

アイドルタイム

アイドルタイムとは、ラーメン店における営業時間内外の遊休時間のことを指します。昼営業と夜営業の合間や客の少ない時間帯が該当します。この時間帯に、寸胴鍋を使ってスープの仕込みや具の調理を行います。

アレ系(アレケイ)

見た目がまずそうで、実際に食べてみてやっぱりまずいラーメン。

インスパイア系

某有名店の味に惚れ込んで、似た味のラーメンを出す店のこと。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次