日本のラーメン文化を知る(1)

目次

日本のラーメン文化の始まり

日本のラーメン文化は、中国から伝来した麺料理が日本の食文化と出会い、融合していくことで生み出されました。

麺、スープ、タレ、トッピング、油の5つのコンポーネントを柔軟に組み合わせることで、多様なバリエーションが存在しています。例えば、醤油、味噌、塩、とんこつなどのスープの違いや、つけ麺などのスタイルの違いなど。

また、日本各地の気候や歴史、文化の影響を受けて生まれた「ご当地ラーメン」も日本のラーメン文化として確立されています。

こんな、日本ならではの進化を遂げてきたラーメンは、日本で愛されるだけでなく、今や国境を越えて全世界へ広がろうとしています。


明治時代に中国から伝来されたそうです。

そもそも、日本のラーメンの発祥は、明治時代の開国以降のことです。中国から伝来した麺料理が、当時国際色豊かだった横浜の中華街で中国人経営者によって提供され始め、「南京そば」と呼ばれ親しまれたところがはじまりといわれてるようです。

ラーメンの起源の中国から日本へ

ラーメンの起源は中国の麺料理に遡ります。15世紀の日本には、現在のラーメンの麺によく似た製法で作られた「経帯麺」と呼ばれる麺料理が存在した記録があります。しかし当時は一部の限られた人々の食べ物であり、大衆食として普及するには至りませんでした。

日本が鎖国体制を終えて開国した1858年以降、各国との通商が活発化し多くの外国人が日本に移り住みました。この影響で海外の食文化が数多く流入し、中でも1859年の横浜開港を契機に中国料理や麺料理が本格的に日本に紹介されるようになりました。外国人居留地を中心に中国人経営の飲食店が立ち並び、そこから麺料理の人気が徐々に内地にも広がっていったのです。



コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次