ワイエスフード株式会社~食で世界に”WA”を~をミッションバリューとしてサイトを全面リニューアル(2024年5月情報)

ワイエスフード株式会社は、2024年5月12日に創業30周年を迎えるにあたり、新たな歩みを始めます。

同社は「九州筑豊ラーメン」ブランドのチェーン展開や食材の卸売りを手掛け、日本の食文化を世界に広めるという使命を掲げています。

この節目を機に、ミッション、ビジョン、バリューを新たに策定し、それを反映させたコーポレートサイトを全面リニューアルしました。これからも、日本の食文化を世界中の人々に広めていくことを目指してまいります。

コーポレートサイト》https://ys-food.jp/

新コーポレートサイト(イメージ)

目次

コーポレートサイトリニューアルの背景

ワイエスフード株式会社は、設立30周年を迎えるこの節目に、新たな決意と挑戦を社会に向けて発信することを目指し、新しく策定したミッション・ビジョン・バリューを基に、ラーメン事業に限定されない”食”をテーマにした内容でコーポレートサイトを全面リニューアルいたしました。これにより、同社はラーメンだけに留まらない幅広い食文化への貢献を目指しています。

【ミッション】食で世界に”WA”を~

”WA食(和食)”の魅力で、人々の心を”WAしづかみ(鷲掴み)”、世界中へ広げる”WA(輪)”を創る

”食べる喜び”は世界共通。
私たちは、”和食”というコンテンツを通して、皆様が喜びを感じ、笑顔になれる世界の実現を目指します。
そして、その幸せが輪となり広がる事で、世界中の人々が”幸せ”と感じられる社会をつくる発信元となり、社会に貢献できる企業でありたいと強く願います。

【ビジョン】日本の食文化をコンテンツに海外店舗を支えるプラットフォーマーになる

私達には創業以来、積み上げてきた伝統のもと、”日本食”をコンテンツとした展開において豊富な技術とノウハウを駆使し、世界中の人たちが”日本の食文化”に触れ、感動していもらえる、きっかけを私たちはプラットフォーマーとして惜しみなく提供します。

【バリュー】

①おもてなしを極める

 おいしい食事と心地よい空間を提供し、お客様に笑顔と感動を与える

②スピードで圧倒する

 結果を恐れず、フルスピードで行動し、世界の人々を驚かす

③できない理由に挑む

 できない理由を探さず、創意工夫し、未知の世界に挑む

④情熱をもってやり遂げる

 できるまで諦めず、仲間と共に、情熱を持って成功させる

⑤世界の食を変える

 日本の食文化をアップデートし、世界中に”おいしい”を届ける

国内だけでなく海外への展開について日本の食文化をコンテンツにプラットフォーマーになれることを目指します

代表取締役社長 小川 光久氏の思い

1970年に創業してから50年以上、これまで受け継がれてきた伝統を守りつつ、”ラーメン”の味や品質にこだわり、培ってきたノウハウは国内にとどまらず海外展開にも活かせるよう努めてまいりました。
また、会社として当社も今年で設立30周年を迎えることができ、これもひとえに、当社従業員を含め関係者の方々の温かいご支援と激励の賜物と思っております。
これを機に、新生ワイエスフードとして、新たなミッション・ビジョン・バリューを策定いたしましたので、今後は国内の展開に加え、より多くの海外都市へ展開を図ることで、”日本の食文化を伝えるプラットフォーマー”としての第一歩を踏み出し、挑戦してまいります。

ワイエスフード株式会社とは

本社社屋

ワイエスフード株式会社は、九州筑豊ラーメンを代表する「山小屋」「ばさらか」「一康流」といったブランドを擁するラーメンチェーンを、国内81店舗、海外25店舗を展開しています。自社工場では、中華麺を年間290万食、焼豚を年間40トン以上生産し、これらを全国のグループ店舗に供給しています。

さらに、今後はラーメン事業に留まらず、他社との業務提携を通じて、”日本の食文化”をテーマにした多様なコンテンツを国内外に提供し、その分野での展開を図っていく計画です。

自社製麺工場

ワイエスフード株式会社 会社概要

社名:ワイエスフード株式会社

本社所在地:福岡県田川郡香春町鏡山552-8

代表者:代表取締役社長 小川光久

設立:1994年(平成6年)5月12日  創業:1970年(昭和45年)

資本金:13億6,155万2,700円

売上高:14億2,563万円(単体、2023年3月期)

社員数:172名(2023年3月期)

事業内容: 筑豊ラーメン直営店の経営、FC加盟店募集及び指導業務、食材・麺類、ソースの製造及び販売など。国内81店舗、海外27店舗(2024年4月1日現在)

九州筑豊ラーメンとは

昭和45年(1970年)の創業以来、福岡県田川郡香春町に根差し、独自の製法で骨から炊き出したスープと秘伝の”かえし”で味わい深いラーメンを提供し続ける「ラーメンセンター山小屋」。かつてトラック運転手だった創業者が自らの納得のいく味を追求し、一大決心のもとに立ち上げたこの店は、以来50余年にわたり、九州を中心に国内81店舗を展開し、田川のソウルフードとして親しまれています。

創業前の店舗建設風景
「山小屋」ブランド店舗イメージ
山小屋人気№1『昭和(むかし)ラーメン』

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次